読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

噂話と幸せの関係は?

噂話はよいのか悪いのか

Podcastでご一緒している安田佳生さんにお勧めされた本。

サピエンス全史

ホモ・サピエンスがどのように進化してきたかを事細かく語っている本、らしい。

上下巻あるの知らなくて、書店で迷って上だけ購入。読み終わって次も読みたかったら下巻を買おう。

冒頭を読んだのだけど、人と人とをつなぎ合わせているのは「噂話」だという。これで、150人くらいまでは共同体として成り立つのだそうだ。

噂話はよくないものとされているけど、意味があるのだ。

噂話と自殺率の関係

武田鉄矢の今朝の三枚おろしというPodcastがある。

武田鉄矢・今朝の三枚おろし

そこで紹介されていた本。

その島のひとたちは、ひとの話をきかない

その本は、自殺率がとても低い地域を取材した人が書いたものらしい。

自殺率が低い地域の人たちは、噂話ばかりしていて、さらに愚痴ばかり言っているという。

そんな島が、自殺が少ない。

本を読んでいないので詳しくはわからないけれど、これは、興味深い。

幸せを測る方法

これはTwitterで見たんだけど、今「幸せ」の研究は盛んに行われているものの、その測り方は「自己申告」でしかないのだとか。

今までに私は幸せの研究と言われるポジティブ心理学の本などをいろいろ読んできたけれど、確かにそれらは「どれくらい幸せか」を自分で答えるものだった。

読んだときは『「幸せ」なんて測りようがなくて、自分が幸せって思っていることこそが幸せだろう』って納得していた。でも、それがエビデンスとなるのか、と一度疑問に思ってみると、確かに疑う余地があるような。

愚痴ばっかり言っている人は、それはそれで幸せなんでしょ、と端からは思うけど、その人たちに「幸せですか?」と問えばきっと辛めの点数を付けるだろう。毎日不満をたれているのだから。

だけど、毎日いろんなことに感謝して、苦しみを誰にも言わないでいる人が、心の病にかかることもある。つまりそれはあまり幸せではない。

 

てなことをいろいろとつなげて考えて面白いなと思ったのでした。

ホームページを変えたんだけどね

ちょっと、変えたんですよね。ホームページのトップを。

emitochio.net

 

ページ内で使っているアイコンを変えたんだけど、前がこれ。

f:id:emi_tochio:20170303163030j:plain

すごくどこにでもありがちな感じが、つまらないなと思っていて、手書きをスキャンして作ってみたのが、これ。

f:id:emi_tochio:20170303163108j:plain

自分ではもうよくわからなくて、ダサいのかっ! これはっ、ショボいのかっ! ってなって、ポッドキャストを一緒にやっているデザイナーのツージーに相談。

「作ろうか?」と言ってもらったのですが(優しいっっ!!)、他もまだまだ自分で作りたいところがあるからと、お断りして、アドバイスのみいただく。

「格子がないほうがいいんじゃないか」

「各アイコンの色を変えるとかすればいいんじゃないか」

と教えてもらう。

f:id:emi_tochio:20170303163320j:plain

ああっ! なんか、よくなった! かも!

「修正する方向がわかる」って、すごいスキルだ~! ていうか、それがプロなんだなって思った。

 

日本人は「答え」を知りたがる

自分の考え(価値観ではなく、意見)を大きく変えることになる本や経験ってある。そのひとつが、この本。

哲学する子どもたち: バカロレアの国フランスの教育事情

哲学する子どもたち: バカロレアの国フランスの教育事情

 

フランスには「哲学する」授業があるという。「哲学」ではない。

根拠を示し、考える道筋を示し、結論を出す。結論が事実と違っていたとしても、考えた道筋が正しいかどうか、に点数が付くという。(ものすごいうろ覚え)

日本の義務教育にそんな授業は、ない。少なくとも私は受けていない。

 

私は、「ファッション」に思いを巡らせた。

フランス人は洋服の数が少ないという本は売れているようだし、私がファッション誌を買っていた頃も、フランス人のワードローブが紹介されると、そこには流行に左右されない「哲学」があったように思う。

かたや日本人は「あれが流行る」と言われると、すぐに飛びつく。それをまとっていれば、おしゃれさんの仲間入りというわけ。

それはやはり、答えが合っているのが素晴らしいという教育にあるのかな、と思い至った。

 

考える道筋(自分のスタイル=哲学)より、「答え」が大事だから、深く考えずに流行もの(つまりそのときの「答え」)をまとう。

 

ファッション以外にも、言えるような気がする。ネットで話題のことでも何でも。