読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

お菓子作りブーム、去る

少し前からお菓子作りブームだった。
クックパッドで簡単なお菓子を見つけてから、やはりあまり美味しくないので少しずつ本格的なものに移行。まずはパウンドケーキを極めようと2冊ほど本を購入。
まあ美味しくできるようには・・・なった。

でも、手作りのメリットってあまりないような。

【その1】
思ったより高く付く。できれば、日々のお菓子なんて数十円でできて欲しい。だけど洋菓子はバターがつきもの。バターは高い。パウンドケーキひとつ作るのにバターを200g使うのだけど、だいたい150~200円くらいする。クックパッドにはサラダ油で作るパウンドケーキも載っているけど、やはり風味は落ちる。
西友で、ショートニングを使ったパウンドケーキが150円で売っているのを見てしまった。体に悪いものを使えばそれだけ安くできてしまうのだ。手作りするときの材料費より安いってどんだけ・・・。
私はある程度健康的なものが好きだけど「口に入れるものはオーガニックでなくちゃ」とかそこまでではない。だからまあこだわらなくてもいいようなもんだけど、せっかく手作りなのにマーガリンやショートニングなどの体に害があると言われているものをガンガン使うのはやはり抵抗あり。
そうなるとやはり高くなる。

【その2】
健康に良くない。
当然ながら、お菓子は健康に良くない。バターだって、マーガリンよりいいとはいえ、大量に摂取して体に良いものではない。
とにかく砂糖の量がハンパない。料理に大さじ1~2の砂糖を使うのにも少し抵抗があるのに、お菓子って手のひら一杯くらいの砂糖を容赦なく使う。なんだこれは!
減らせばいいかというと、そうでもない。お菓子の知識なしに適当に砂糖を減らしても美味しいお菓子はできないのだそう。ちゃんとバランスを考えて量が指定されているから・・・と。
また、パウンドケーキってすべての材料が1パウンドだからパウンドケーキ、なんだって。フランス語ではカトルカール(4分の4という意味)と呼ぶ。せっかく覚えやすい昔ながらのレシピをごちゃごちゃといじるのも・・・ねえ。

【その3】
太る。太るよね~。
産後の体には辛いよね~。


で、本のレシピ通りのパウンドケーキを何回か作ってだいたい上手にできるようになったころ、ブームは終焉を迎えたのでした。
和菓子も作りたいなーなんて和菓子の本も買ったんだけれど、結局作らず。

これ、子育てブログの方に書こうかとも思ったんだけど、子育てじゃないか、とこちらに。
子どもがいなければお菓子作りなんてしなかったろうけどね。