読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

4000円の新聞購読をやめて、400円の雑誌読み放題に登録した

ネットニュースをあまり読まない。
タイトルを読んでも、あまりクリックしたくならない。
社会的なことに興味が薄くて(教養がない)、
ついつい知っている名前から芸能ニュースをタップしてしまうことに嫌気がさす。
(そもそも、ネットニュースアプリなどを開かないんだけど)

Twitterは雑多だからこそ、いろいろなことが混ざっていて、大切なことが隠れていて、好きだ。
つまらなくなったらアンフォローすればいいから、メディアを自分で作れるような感じ。
下らないけどおもしろい人、おもしろくはないけどいいこと言う人、情報をくれる人、そんな感じでフォローするのが好き。
割と、そこに載ってきたニュースだけを読む日々。

でもそれでもなんだか足りなくて、もっといろいろ読みたいなと思っていたころ、
ちょっと日経新聞アプリなどを読んでみたら、なかなかにおもしろい。
クリックしたい見出しがあり、読んでみるとちゃんとしたことが書かれている(当たり前か)。
それで試しに購読してみた。

でも、そんなに毎日読めない。
時々読んでも、なんか同じ記事ばかり開いてしまったり。
使い勝手の問題なのかな。
いつもiPadを開いて読むなんてことはできないし。

ある日、読みたい雑誌があって、ふらふらと調べていたら、
昔からあった雑誌読み放題サービスがすごく進化していた。
月額400円くらいで、ものすごくたくさんの雑誌が読める。
全ページ読めるわけじゃないんだけど、本当に隅々まで読みたい雑誌って数少なくて、
たくさんの雑誌の特集をさらっと読めたらすごくいいのかな、って思って、
4000円以上する日経新聞よりもこちらの方が世の中の流れが見えそうだと、
(ダイヤモンドや東洋経済など経済誌も入っているし)
400円の雑誌読み放題に変えた。(ただ、絶望的にUIがダサい)

さっき子ども達が日曜朝のヒーロー番組を見ているときに、
ぱらぱらと開く。パリ特集の某雑誌。
ネット民からすると“昔ながら”に見えるんだろうな~なんて思いながらも、
ほぼ文字だけしかない見開きのエッセイを読む。
まずは、知っている小説家のもの。やはり文章が美しいし、上質。
でも、ネットで読むか? と聞かれたら読まないかもしれない。
細切れの時間で、身になるものしか読みたくないという気持ちにさせるネットは
ちょっとある意味の「罪」を含んでいるのではないか。

次に、知らない人のエッセイも読む。ものすごくおもしろくて、心に刺さる。
プロフィールを見てみると、聞いたことのある小説。でも、作家さんの名前は知らなかった。
その人の著書をAmazonで調べて、カートに入れる。
数日温めてまだ読みたかったら、注文を確定しよう。