読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

「今日の140文字」で知る心の変化

thinking podcast feeling

f:id:emi_tochio:20161006100620j:image

平日は、1日1回140文字ぴったりのツイートを投稿するようにしています。

なぜそんなことしているかは、こちらに。

emitochio.hatenablog.com

Togetterでまとめたのがこちら。

togetter.com

自分のツイートまとめるなんてイタい、なんて気持ちがムク、ムクムク、とわき起こりそうになったけど無視無視。

振り返ると、自分の頭の中(まさにパソコンでいうメモリー)に入れられることってそんなに多くないんだなってわかる。ちょっと前のことなのにもう「考えるブーム」が終わっていて、「ああそんなこと考えてたな」って思う。

もちろん、意見としては変わっていないんだけど、私としては本棚に入れてしまったので、今となっては少し前の内容をツイートできないと思う。

 

自分でやっているPodcastもそうで、今日は「世の中は不公平なのか?」という感じのことを話している。

クリエイティブの反対語

クリエイティブの反対語

  • Tochi&Tuzy
  • キャリア
  • ¥0

 以前収録したやつなので、私としてはメモリーから解放してしまっているデータ。

「『人は生まれた時は完璧なのに、世の中の尺度が間違っているから不公平が生まれる』って考えたら、自分も人も認められるし、比較する意味のなさを実感できる」みたいなことを考えていたことがあって、そのことについて話しているんだけど、今はもうその「説」自体をじっくり考えたりはしていなくて、もう少し広げてみたり、別の角度から考えていたりする。

「木を見て森を見ない」みたいな言葉があるけど、その時は木どころか葉脈まで見ようとしていた感じ。森を見ると、やっぱりそこに葉脈があることは知っているんだけど、目をこらして見てはいないよね、というか。

 

つまり、写真のように、本当に「そのとき」を捕えないと、文章が書けなくなってしまうということ。

写真と違うのは、シャッターチャンスに数日間くらいの猶予があるということと、書くのに少なくとも数十分はかかるということでしょうか。

 

※記事内のリンクまとめ

TwitterとFacebookの新しい日課 - Low Kick - 2nd -

栃尾江美の「今日の140文字」 - Togetterまとめ

Tochi&Tuzyの「クリエイティブの反対語」を iTunes で