読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

「正しい」より「親切」を選べるか?

今日配信したPodcastのテーマは、「正しい」と「親切」。

emitochio.net

話している内容をざっと紹介すると。

子供に読み聞かせている「Wonder」という本(いま2週目)が発端。

こんな格言が紹介されていた。

「正しいことをするか親切なことをするか迷ったら、親切にしよう」

果たして私は、親切を選べるだろうか? という疑問について話した。

 

この収録では、「いつも『親切』にできる人は『ただのお人好し』ってことなんじゃないの」なんて話してて、実際そう思っていた。

いつもシメの言葉「もうちょっと考えます」を言うんだけど、実際に収録後も考えていく中で「ああそういうことだったのか」とわかったことがあった。

 

実は、最初にツージーが言っていた「どれが正しいかなんてわかんないじゃん」がすべてだった。

 

NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」を思い返して気がついた。

唐沢寿明さん演じる花山伊佐次は、たぶん身に染みていたのだと思う。

戦争中、正しいと信じて、国民が戦争に向かうためのコピーを書き続けた。けどそれが、間違っていたとわかった。

今、戦時中のことを振り返れば、戦争は間違っているということがわかるけど、私が当時生きていたら、たぶん一生懸命に「お国のために」なんて言っていたと思う。

当時は、戦争が「正しい」ことだったのだ。

 

だから「そういうとき」に拠り所になるのが「親切」を選ぶ、ということなのではないか。

で「そういうとき」かどうかを、実際その渦中にいる人がわかるのか? というとたぶんわからないんだと思う。

洗脳されている人が自分が洗脳されているとわからないように。今の私たちも、常識や、信頼できる人の言葉や、これまでの慣習にどっぷり洗脳されていると言えるわけで。

 

だからやっぱり、「親切」を選んで生きていけたらいいなと思っている。

でもすべてにおいて「親切」を選ぶなんて、なかなかできない。

だからその格言は、「迷ったら」って言ってくれている。

そういうことなんじゃないでしょうか。

 

うん、でも、もうちょっと考えていきまーす。

 

※エントリー内のリンクまとめ

#025 「正しい」より「親切」を選べるか? - クリエイティブの反対語[Podcast]Is There Truth?

Wonder(Amazonリンク)