読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

作業手順どおりに教えちゃいけないのでは

f:id:emi_tochio:20161023011540j:image

タイトル通りのことを、考えてました。

 

やり抜く力に必要なもの

先日GRIT(やり抜く力)という本を読んだのだけど、そこにはこんなことが書いてあった。

やり抜く力を持つ人は例外なく、最初に楽しい経験をしていたのだという。

技術を上げるための練習はとてもきついものだけれど、スタート時点で楽しくてしょうがない時期があった。おそらく、だから続けられるのだ。

私も確かに身に覚えがある。小中高と9年間バレーボールを続けていたが、練習は辛かったし、休みになると嬉しかった。でも大前提として、バレーボールがとにかく好きだった。

理屈でなく好きになった理由は、スタート時がとにかく楽しかったんだと思う。

 

先に枝葉を散々やってから基本を知る

子供の頃、絵を描くのが結構好きだった。写生大会のようなものも、アニメの真似っこもした。ただ、子どもながらに、漫画っぽい絵を描くのは「イタイのかも」と感じて隠してたけど。

漫画の描き方みたいな本も読んで、直線とか、服のシワとかもちょっとだけ、練習したことある。でも結局そんなに夢中にはなれなかった。

 

最近「漫勉」ってテレビ番組があって、漫画家さんの制作現場をカメラで何日も密着する。それはそれは、面白い。

当たり前なんだけど、プロでもちゃんと下書きしてから描くんだという事実。顔を描くときに、丸を描いて十字の線を描く「アタリ」も人によってはちゃんと描く。

私はこれまで、落書きには「一発描き」ばかりしてきたけど、試しにアタリを描いてから下書きして、清書してみた(万年筆だけど)。

そうするとすごくバランスが取れて、上手く描けるしラクだってことがわかった。

後から基本をやるとこんなにしっくりハマって、ラクなんだ。

 

書き散らかしてからか構成のありがたみを知る

文章についても、考えてみる。構成(骨子)のありがたみがわかるのは、ずいぶん書けるようになってからではないか。

枝葉にあたる文章が書けないうちは、構成を作ってもそんなにスピードが変わらないんじゃないか。

構成の精度の問題もあるだろうけど、予定どおりに進まなかったり、構成を大事にするあまり文章が単調でおぼつかなくなる。

でも、文章をある程度書いて、慣れると、構成が活きてくる。構成があるとずっとラクだし、構成の精度も上がる。

 

新しいことを学ぶ順番

新しいことを教えるとき、つくる手順どおりにする場合が多いのではないか。でも、同じ順番で進めては上手くいかないこともあると思う。

 

文章の場合、手順としては書く前に構成をつくるけど、学ぶときには書く前に構成をやっちゃダメってことだ。

まず、楽しくない。それは、GRIT的によろしくない。

次に、効果が少ない。ある程度書くことに慣れていないと、ぴんとこない。

 

学校の勉強も、つくる順番に関係なく、楽しい枝葉のことから進められないんだろうか。

好きなことをいっぱいやってから、基礎を習う。そんなことができれば、「開眼する」みたいな体験がたくさんできそうなのに。

 

そう思うと、それができるのは学校ではなくて親なのかもしれない。

宇宙について学ぶ前に、博物館へ行く。歴史について学ぶ前に、建造物を見に行く。数学を学ぶ前に、数学が果たした研究の成果を知っておく。デッサンを習う前に、美術館へ行っておく、とかね。