読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

「恥ずかしい」と戦う

feeling thinking

 f:id:emi_tochio:20161107180958j:image

恥ずかしいことって、いろいろある。何かにチャレンジするのはそのひとつ。

恥ずかしいことは、大人になるほどできないだろうか。

私はそうとも思わない。だって、10代、20代の頃の自意識ってハンパじゃなかった。よくも悪くも今は、自意識がそれほど尖っていないし爆発してもいないし、自分をある程度客観的に見られるようになった。

 

「イタイ」は恥ずかしい?

私はずっと恥ずかしかった。例えば、何歳かも覚えていない頃にノートに書いたお話。小学生の頃にこっそり書いていたポエム的なもの。アニメっぽいイラスト。大学生の頃に書いていた日記、社会人になってから作ったホームページやそれに載せた散文。

 

うまくいかなかったら恥ずかしい?

SEを辞めようと思って「書く仕事がしたい」と人に言うのは恥ずかしかった。20代も終わり頃。

それを聞いて「小説家か・・・」と言葉を失った上司、「エッセイみたいなやつでしょ?」と言う先輩、「書いたことあんの?」と言ったスイス人(ハワイで一緒にホームステイしていた人)。

 

低評価だと恥ずかしい?

ポッドキャストを配信して、人気が出ないと恥ずかしい? ブログのPVが少ないと恥ずかしい? あとは、小説的なものを書いて、誰にも読まれなくて、誰からも評価をもらえなかったら恥ずかしい?

 

自尊心が強いと思われると恥ずかしい?

自撮りをアップしたり、自分の記事をシェアしたりすると、自尊心が強いと思われて恥ずかしい? あとは自分のホームページで自分の紹介をするのも恥ずかしい?

 

恥ずかしいことはたくさんある。恥ずかしいってことは、私が人のことをそう見てるってことだ(たぶん)。

「あの人イタイ」

「あの人のあれうまくいっていないな」

「あれ、全然よくない」

「あの人、目立ちたいんだな」

でも、恥ずかしがっていたらどこへも行けないと、少しずつ学んでいる。

 

ツイッターにも書いたけど、私は人よりいろいろなことに気付くのが遅いみたいだ。

今さらだけどいろいろなことに気がついたから、自分の「恥ずかしい」と戦っていく。