読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

自分の「楽しい」を知っているか?

f:id:emi_tochio:20161110040206j:image

子どもの頃、不自由だった

子どもって不自由なことが多くて、私は早く大人になりたかった。

まず、自由になるお金がない。

やりたいことができない(お酒、とか夜遊びとか)。

「楽しい」を優先すると、いろいろ怒られる。

 

「楽しい」が悪いことのような気がしてた

欲望のまま行動すると、何だか悪いことが起こる。だって、怒られるんだもん。

勉強しないで遊んでばかりいると、よくないことが起こる。きっとそうだ。

部活だって楽しいことより苦しい練習をした方が強くなれる(というように教えられてきた気がする)。

だからいつしか、「楽しい」がちょっと悪いことのような。「楽しい」を追求してはいけないような気持ちが根付いていたんじゃないか。

 

猪子さんのことば

数年前、YouTubeにアップされていたチームラボ猪子寿之さんの講演。

「人は本当の感覚じゃないものを自分の感覚だと思い込んでいる」というような言葉があった(※うろ覚えなので当時の自分のブログから引用)。

「楽しい」っていう感覚も、ちょっとねじ曲がっていると思う。自分の「楽しい」がよくわからない。

誰かに褒められたから、「楽しい」って思っている気がする、とかね。

 

再度「楽しい」を重要事項に

「私は何がやりたいんだろう」

こんな仕事をしていると、とてもよく考える。

私はライターになったばかりの頃、なんとなく「楽しい」を追求するのは悪いことだと思っていた。

楽しいことは、ラクなこと。ラクなことでは、食べていけない。

そんなものは封印して、食べていけるスキルを身につけようと思っていた。

 

最初はそれでもいいかもしれない。

だけどときどき聞かれる「何がやりたい?」の質問に答えられない。

 

当時は、やりたいものより、人よりうまくできるものをやりたい、と思っていたんじゃないか。

ただ、多少優れていたって、ナンバーワンにはなれない。絶対誰かが上にいる。

ときに、読者のほうが詳しかったりもする。誰かと比較して道を選ぶと、なんだか苦しい。

 

「なりたい姿」を探さない

人より優れていなくたって、「楽しい」ことを考えよう。

「なりたい姿」じゃなくて、「ずっとやってて楽しいこと」を見つけよう。

なぜなら、「なりたい姿」は一瞬だったり、誰かからの見られ方に過ぎないから。

人生とはイコール「時間」だと思ってるんだけど、「楽しいこと」はその「時間」をバラ色に変えられる。

 

「楽しいこと」が見つかれば、それを延々とできる環境を整えればいいだけ。

もしお金になることなら、それは万々歳。

お金にならないことだったら、「楽しいこと」とお金になることを寄せていくのがいいと思う。

 

ほかの人が「楽しくない」自分だけの「楽しい」は価値がある

「楽しい」にもいろいろある。

先日取材した人は、お掃除が大好きな人だった。他の人が嫌がるから、仕事になる。

他の人が楽しめないのに、自分だけが楽しい、には価値があるんじゃないか。

だけどそうなると「結局、誰かとの比較」なのだろうか。それについては、まだ考え中……。

 

子どもの頃「何か悪いことなんじゃないか」と思っていた「楽しいこと」。

人生の道筋を決めるときには、もっと大事にしてもいいと思う。