読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

「自分の手柄だ」と思う男、自分を過小評価する女

work thinking

ポッドキャストの収録後

今日、こちらのポッドキャストを配信しました。

「#042 ひとはなぜSNSに投稿するの?」

http://emitochio.net/hantaigo_042/

最後の方にツージーが、「SNSの投稿に反応してもらえると嬉しいよー。中毒性あるよね」と言ったときに私がぽかーん、としてしまってツージーに申し訳なく。

「もっと喜べばいいのに」って言われたんだけど、べつにあまのじゃくでそうしているわけでもなくて。

収録語に少し話したんだけど、こういうことかな? と思うところがあったので。

木に登る人、登らない人

以前こちらの記事を読みました。

note.mu

引用するとこちら。

やっぱり僕は誰かに評価されたら、結構「木に登っちゃう」んです。

で、妻は「木に登らない」んです。どうも自分を過小評価しているんです。

これね。傾向として、男女の違いだと思うわけです。

たとえば、仕事で周りにいる男性を見ていると、これまでやってきたすごいことを「自分の手柄だ」って割と思っている。「自分だけ」ではないことは分かってても、「うん、やっぱり、俺すごい!」って喜ぶわけですね。

私はどうかというと、記事がランキング1位になったとして、それはすごく嬉しいのですが、それを自分の手柄として手放しに喜べないところがある。

「そりゃ、話題の商品を取り上げたからね」とか、「タイミングよくあの企画を思い付いたから」とか、思ってしまう。「たまたまですよ、たまたま」みたいな。謙遜じゃなくて本気で思っているわけです。(でもビジネスや交渉ごとで自分をプレゼンするときには、自分の手柄のように言うよう心がけますが)

で、割と周りの女性も同じようなことを思っているみたい。

詐欺師症候群って何だ?

そんなことを思うようになったのは、こちらの記事から。

www.cinematoday.jp

彼女ほどひどくなくても、女性で詐欺師症候群の傾向がある人は多い、という。

仕事ができないほどにはならないし、過度な期待をかけられているわけではないけれど、私が知っている男性のように「自分の力だ」とは思えない。

 

もう少し冷静に、客観的に、自分の力みたいなものを見極めたいものです。