読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

1回やってみれば気が済む

人のなりふりを見て、なんかモヤモヤすること、あります。

「それ、やりたかったのに!」

「なんであなたばっかり!?」

「全然上手じゃないくせに!」

「てか、よくできるよね? 恥ずかしくないの?」

みたいな。いやですね。(本当は、こんな言葉使いませんよ?)

どうでもいいなら、スルーすればいいのに、何だかモヤモヤするのは、自分に問題があるのでしょう。 

高校生のタバコ

私が若かりし頃、タバコってちょっとかっこいいものだった。早く大人になれるものだった。でも、自分は吸いたくないと思っていた。

大学生の頃、バイト先の女子高生で、年齢は4つも5つも下で、顔も体もめちゃくちゃ幼い子が、タバコを吸い始めた。

私も大学生で、まだ大人だかなんだかわからない年齢。なんだかすごく、モヤッ、モヤモヤッ、として。

気にしなければいいのに、なんだか気になって、そのとき付き合っていた人に話した。彼はタバコを吸う人だったので、軽めのタバコを買ってきてもらって、ちょっと吸ってみた。

ただ煙いだけのシロモノで、それを吸ったからって、大人になれないことがカラダでわかった。

そのひとつの体験で、モヤモヤはすぐに消えてしまった。

私、でかした! って思ったね。

1回やってみれば、気が済むことって、あるよね。