読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

色のない世界

色のない世界ってどんなだろうか。

色がないっていうのは、白か黒ってこと。

 

私は前から書いている通り、白と黒の服しか着ないことにしたので、色のない世界を少し味わっている。

 

白と黒で、つまらなくなるかな? と思ったら、まだなっていない。

それよりよい面がとても多い。

 

暑さ寒さに対応しやすい

服を着て外へ出たら、意外と寒い、または意外と暑い、ってことはある。

色のある世界では、ちょっとカーディガンを羽織るために、全身着替えなくてはならないことがあった。

いまは、どの服を着てもたいていマッチする。チェックと水玉とか、柄がちぐはぐになりさえしなければ大丈夫。

ラクすぎる。

 

コートもすべて黒で薄手からダウンまで揃えられるから、出かける直前に着替えてもバランスを損なわない。

 

実は冒険できる

今まであまり着なかった、白いワンピースとか、白いマフラーとか、ワイドパンツとか。

色のないぶん、形でバリエーションを出したくなる。

 

なにせ、クローゼットの専有スペースが半分に

つい先日まで、色のある服を捨てられずにいたのだけど、思い切ってゾゾタウンに売った。

たぶん、クローゼットの専有スペースは半分くらいになった! すごい! 

なのに、着る服はたくさんある。嬉しい。

 

着ない服はすぐ諦めがつく

買っても着ない服ってある。ちょっと着心地が悪いとか、形がイマイチとか。

いままでは、「ピンクをインナーに着たいこともあるかもしれないから」と諦められずにいたけど、いまは簡単に処分できる。

「どうせ着ない」ってことが、以前より明確なのだ。

 

可愛い服に色がなくてもやっぱり可愛い

街中で「わー、すてき!」って思う着こなしはままある。

それを黒と白だけで置き換えてみると、意外とイケるし、むしろそっちの方がよいと思えることも多い。

たとえば、黒いスカートと紺のカーディガン。ああ、あのカーディガンが黒か白だったら! あの靴も、白か黒だったらいいのに! と思う人は多い。

 

難しいのはスーツ

スーツは、難しい。

真っ黒だと喪服みたい。真っ白だと政治家みたい。

2色入ったバイカラーだと攻めすぎてる。

白と黒で編んであるツイードとかがいいみたいね。遠目にはグレーだけど。

 

辛いのは、子どもと遊ぶときに全身真っ黒になる

子どもは汚すので、白を着たくない。だから黒ばっかりになる。

ときどきボーダーも入れるけど、基本は黒。それがちょっと寂しいかな。