読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

本当の気持ちを言えない女の子に共感する

この記事を読んで。

www.asahi.com

WONDERを思い出した。

生まれつき、顔に障害がある男の子の話。

ここにも書いた。

emitochio.hatenablog.com

 

ついさっき思い出した。

私が一番共感したのは、主人公のオーガストのお姉ちゃん、ヴィアだった。

この本は章ごとに語り手が代わるんだけど、ヴィアの回を読むときは苦しくて苦しくて涙が止まらなかった。(以下ネタバレあります)

ヴィアはどんな子か

お父さんとお母さんはできた人で、ヴィアのこともちゃんと大切にしている。

でも、どうしてもオーガスト優先になる。それは仕方ない、とちゃんと納得している。頭では。

おばあちゃんは、ヴィアをわかってくれる人だった。「おばあちゃんはあなたが一番大切」と(他の人に内緒で)言ってくれる唯一の家族。でもそのおばあちゃんも、クリスマスの日に亡くなってしまう。

 

弟のオーガストに差別的な発言や態度をする人には、殴りかかりそうなほどの憎しみを込めてにらみつける。それくらい、オーガストを愛している。

でも、オーガストを恥ずかしいと思ってしまう瞬間があって、そんな自分を責めてしまう。

 

頭でわかっていることと、何も感じないのは違う。

私も自分の頭を納得させるのが(たぶん)上手いので、頭でわかっていることに従って行動することが多い。

そして本当の感情はあまり人に言わない。だから、ヴィアにものすごく共感してしまったんですね。

(おわり)

記事内のリンクまとめ

顔ニモマケズ、僕は生きる 内面好きと言ってくれた彼女:朝日新聞デジタル

http://amzn.to/2p2cImH

「正しい」より「親切」を選べるか? - Low Kick - 2nd -