Low Kick - 2nd -

栃尾江美のブログ。たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

女性を怒らせるのがとても怖い

最後に女性を怒らせたのはいつだっただろう。

あまり思い出せない。

 

あ、母かな。

息子に対する態度に口出しをしたら、強い口調で非難された。

母には母のやり方があるし、それを私が口出しする筋合いはない。

母のことをコントロールしようなんて、おこがましいにもほどがあるのだ。

 

他には、義母かもしれない。

いろいろとはっきりとものを言ってくれる人で、最初は傷ついたりもしたけれど、あとくされがないのでとてもやりやすい。

その時にたくさん、怒らせたと思う。

 

それ以外にあるかな。

後輩の女性にはあったような気がする。年齢は上だけど、後輩だった。

私も未熟だったから、声を荒げてしまった。

その人は私に怒りを感じて、私を怖いと思ったらしい。

 

女友だちを怒らせてしまったことがあっただろうか。

社会人になって、あった。

Aちゃんは、合コンでB君を気に入ったと話していた。

でも、B君は私を食事に誘って、私はB君と食事に行った。

それを、Aちゃんは怒っていた。

 

高校の修学旅行。

夜更かししすぎてバスで寝ている私に対して、

一番仲のいいCちゃんがムスっとしていた。

それから、なんだかギクシャクしてしまった。

 

高校のバレー部では、何度もあったんじゃないだろうか。

無神経な私に対して、メンバーが怒る。たぶんあったんだろう。でも覚えていない。

でもそれは、バレーというつながりがあるから怖くなかった気がする。

「怒らせてしまったことにより関係性が崩れてしまう」という恐怖がとても少ない。

 

小学校では、何度か友だちとケンカした。

怒って私に背を向けて帰ってしまった子もいた。

それで友だち同士の関係性が変わってゆく。

そんなのは日常茶飯事だった。だからほとんど覚えていない。

1回、頭にきて、友だちの傘に私の傘をぶつけたことを覚えている。

 

女性を怒らせることがとても怖いんだとわかった。

関係が崩れてしまうと思うのだろうか。