Low Kick - 2nd -

栃尾江美のブログ。たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

家庭を会社にたとえてみる

私は子どもがいる状態で再婚したので、夫は一家の新参者、ということになる。

 

結婚してくれただけでありがたいと思うし、彼がすぐに子育てに参加しなくても不満はないつもりだった。ある程度仲よくしてくれればそれでいい、と思っていた。

 

でもやはり、子どもが不登校という状態で、私ひとりでいろいろと抱えるのは孤独で寂しいと思うこともある。そんなときに夫も一緒にやってほしいと考えたりする。

 

でも、子育ての話をするのはなかなか苦手だ。彼曰く「あなたは意見が決まっていて、こちらの意見を取り入れない」という。私にしてみれば、「彼が育ってきた経験だけで意見を言われても……」という思いだった。

 

先日も、話そうとしたところ「価値観が違う」となり、「そうじゃない」と言うことをうまく言葉にできない。例えば、「子どもの時間を持ってほしい」と言った場合も「それが本当に必要なことなのか、精査して納得できないと難しい。優先度を定めなければ子どものためにしたほうがいいことは無限に増える」と言う。言っていることはわかるが、「子育てってそういうことじゃない」と思う。私と夫の間で時空がねじ曲がっているように感じる。その「そういうことじゃない」を言葉にできない以上、価値観をすり合わせることはできない。

 

私も過去にはそう思っていたから、彼の気持ちはとてもよくわかる。でも、私はどうやって今みたいな価値観になったのか。それは経験を通して少しずつ体に沁み込んできたものなのだ。それを言葉にしてこなかったツケがまわってきているのかもしれない。

 

私は対話をいったんあきらめた。私がしていることに「価値がない」と彼が思っているのではないかと思うと、つぶれてしまいそうになったし、相手を責めたくもなった。

 

「それは無理だよ」と彼は言う。「新しく入ってきてよくわからなくて、ビジョンも目的も行動指針も共有されないまま、社長(私のこと)はいろんなことをひとりで決めてしまう。意見を言っても『もうそれは試した』『昔はそうしていた』みたいに言われる。それで当事者意識だけを持てっていうのは無理だよ」

 

会社経営をしている彼は、会社にたとえて説明してくれた。その言い方は、ふてくされている私にひっぱられることなく、とても冷静で優しくて、ありがたかった。

 

そのたとえ話を聞いただけで、彼に説明されるまでもなく、自分の中でいろいろな問題がぱーっと見えてしまった。

  • 決定権がないと当事者意識が持てないし、責任感も持てない(夫は決定権がないから当事者意識や責任感を持てない)
  • ビジョンやミッションがないと、会社が向いた方向に即した判断ができない(夫は妻からビジョンやミッションを共有されていないため、妻の納得するような判断ができない)
  • 上に決められた仕事だけをやるのはとてもつまらないし苦痛(妻に「これやって」と指示されたことをやるのは、いくら簡単でもつまらないし苦痛)

会社で言われることが、そのまま家庭にも当てはまるとわかった。彼を巻きこめない自分が未熟なのだと身に沁みた。

 

また、私のことを「会社の社長=家庭の長」と表現されたことで、私自身にも一気に責任感が増した。私自身は、彼と対等であるべきだと思っていたし、さらに夫婦は対等であるから難しいのだと思っていた(会社は代表が複数いると上手くいかないと言われる)。でも、上下がある、と考えた途端すっきりと考えやすくなった。しかも彼がそれでいいと思っているなら、そのほうがいいのかもしれない。

 

そんなことを考えると、夫婦間の家事育児問題でよく言われることは、「マネジメント論」に集約されるのかもしれないね、と話した。

 

夫婦での価値観が違うとはいえ、以前よりはずっとわかってもらっていると思う。以前は「子どもがこうだった」「子どもがこういうことをした」と話すと「それってさあ」みたいに意見を言われることが多かったが、今は「おー。よかったね」みたいに言ってくれる。それは「あなたの考えていることや、大事にしていることがわかってきたから」だと言う。たぶん少しずつ、伝わっているのだ。

 

後日談

そんなことを考えながら「子どもを思う味方学」に参加した。もとになっている「味方学®」には「味方3原則」がある。

【人生の味方「味方3原則」】
1.相手が目指していることを理解する
2.相手が今大切にしている思いだけでなく、未来に大切にしたい思いも大切にする。
3.相手が思うように進んでいるときも、思うように進めない時も、相手の可能性を信じて見守る。
味方学研究会

毎回のワークでこの3原則を確認する。これを読んだ時に「我が家の行動指針はこれがマッチするのかもしれない」と思った。

 

そもそも、この考え方を身に付けたくて味方学に参加しているのだから当たり前なのかもしれないけど。

いろいろなものがMakers(ものづくり)につながる

いろいろなできごとが重なる。

誰かに「ものづくりしなさい」と言われているみたい。

 

ライフロング・キンダーガーテン

数か月前に読んだ『ライフロング・キンダーガーテン』が素晴らしかった。

小学生が学習するプログラミングなどで採用されているScratchというビジュアルプログラミング言語を開発した、MIT(マサチューセッツ工科大学)のミッチ教授という方が書いた本。

Scratchは使ったことがあったし、現在は次男もオンラインスクールで楽しそうに学んでいるが、この本を読んで印象がガラリと変わった。人気作品などのランキングを作らない、シェアされた作品は誰でもソースコードが見れて、誰でもコピーしてアレンジできる。その裏側には深い深い、考えられた理由があったのだ。

この本は、そのScratchのビジョンだけでなく、子どもの創造性、創造性にまつわる才能を最大化するための壮大な考え方、実験、実例、プロセス、もろもろも書かれており、本当に私が求めていたものだった、という気がした。

その中でLCL(Learning Creative Learning)という無料のオンラインワークショッププログラムを知り、メールアドレスを登録していたら少し前からスタートした。ある程度の時間をとってちゃんとやってみようと思い、今2週目。

今週は「Project」がテーマで、板とクギでビー玉転がしを作った。

 

ルービックキューブ

ルービックキューブを少し前に買っていて6面をマスターしようと思っていたが、まだできていない。

そんな時、BBMビジネスブックマラソン)というメルマガで、とにかく絶賛されていた書籍が、ルービックキューブを発明したルービックさんの初の著書だった。

そのメルマガでこれほどまでに絶賛されるのも珍しく、ルービックさん(まだご存命とは!)に興味があったので買ってみた。

ルービックキューブを発明するまでの手探りのプロセス、それはライフロング・キンダーガーテンで感銘を受けた、子どもが手探りでものづくりをしている様子と重なるようだった。

 

ツイッターで呟いたら編集者さんの目に留まったらしく、出版イベントにプレスとして読んでいただいた。こんなにうれしいことがあるだろうか……!

 

マインドストーム

LCLプログラムの中で紹介されていたエッセイが素晴らしかった。LEGOブロックの動きをプログラミングできるマインドストームを開発したシーモア・パパ―トのものだった。

歯車に関するそのエッセイは、ルービックさんがルービックキューブを発明するときの言葉にならない感覚と似ていた。

マインドストームという書籍の「はじめに」だと知り、それも買ってみたくなった。

『四角六面』の次に読もうと思う。

 

「ものづくりx教育」がしたい

私自身もものづくりがしたいが、本当は「教育」と絡めたい。子どもたちと一緒にものづくりをして、瞳や表情がキラキラと輝くようすを見てみたい。

 

でも、いまからまったく新しいことをスタートするには、年を取りすぎている。本当はFabLabとかに勤めてみたいが、いろいろなものを捨てなければできないだろう。

 

どうすればできるのだろうか。ぼんやりと考えている。

 

なぜものづくりに惹かれるのか。ものを作るプロセスは、非言語だ。言葉では言い表せないものがある。それは体験するしかない(これはスポーツも同じ)。

 

世の中にないものを作るときには、言葉で考えないのだと思う。なにか漠然とした見えないものを、少しずつつかみ取って、少しずつ全貌をはっきりとさせていく。できあがった時には、なぜこんなにシンプルで簡単なものが見えなかったのか、なぜあんなにも遠回りしてしまったのか、まるでわからない。

 

たぶん、ルービックキューブもそうだったのだろう。

そういうことを、子どもと体験したいのだ。

常に悲しみをまとっている

ある友人から、

「この人はガラス細工のように繊細な人だ」

「常に悲しみをまとっている」

とずっとずっと思われていた(今も思われているのかな?)らしい。

 

何をもってそう感じたかと聞くと

「書いているもの全般」だというのだ。

Twitterや、ブログ、コミュニティ内のSlackや掲示板。などなど。

 

その友人Yは、自分を「気さく」だと言い、「繊細なとっちー」を傷つけてしまうのではないかとすごく気を使っていた(あるいは近づいてはいけないもののように感じていた)という。

 

その人がそう思っていた当時、私はかなり元気な分人が前に出ていたし、「こんな気さくな人初めて」と言われることもあった。それくらい、自分の中では「元気いっぱいなキャラ」だったころ。

 

そんなときに、彼女が私の中にありありと「悲しみ」を見出し、「壊れそうなほど繊細」と感じていたものは何だったのだろう。

 

そんな風に言ってくれる人は多くはなくて

「悩みなんてないだろう」

「とてもしっかりしているから」

「何でもできるから(図太そう)」

みたいに言われることが多い。

だからとても不思議な気がしたし、私の見えない部分を見てくれた、という喜びを感じた。

 

子どものころから「わかってもらう」ことを放棄していて、

自分の考えていること(の一部)は人に言ってはいけないこと(言ったらバカにされること)だと思っていた。

「こんなこと人に言えない」という悩みすらなかった。言わないものだと思っていたから。

 

でもそうやって、言わずとも感じてくれる人がいるっていうのは、とても運がいいのだと思う。