読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

「自分の手柄だ」と思う男、自分を過小評価する女

ポッドキャストの収録後

今日、こちらのポッドキャストを配信しました。

「#042 ひとはなぜSNSに投稿するの?」

http://emitochio.net/hantaigo_042/

最後の方にツージーが、「SNSの投稿に反応してもらえると嬉しいよー。中毒性あるよね」と言ったときに私がぽかーん、としてしまってツージーに申し訳なく。

「もっと喜べばいいのに」って言われたんだけど、べつにあまのじゃくでそうしているわけでもなくて。

収録語に少し話したんだけど、こういうことかな? と思うところがあったので。

木に登る人、登らない人

以前こちらの記事を読みました。

note.mu

引用するとこちら。

やっぱり僕は誰かに評価されたら、結構「木に登っちゃう」んです。

で、妻は「木に登らない」んです。どうも自分を過小評価しているんです。

これね。傾向として、男女の違いだと思うわけです。

たとえば、仕事で周りにいる男性を見ていると、これまでやってきたすごいことを「自分の手柄だ」って割と思っている。「自分だけ」ではないことは分かってても、「うん、やっぱり、俺すごい!」って喜ぶわけですね。

私はどうかというと、記事がランキング1位になったとして、それはすごく嬉しいのですが、それを自分の手柄として手放しに喜べないところがある。

「そりゃ、話題の商品を取り上げたからね」とか、「タイミングよくあの企画を思い付いたから」とか、思ってしまう。「たまたまですよ、たまたま」みたいな。謙遜じゃなくて本気で思っているわけです。(でもビジネスや交渉ごとで自分をプレゼンするときには、自分の手柄のように言うよう心がけますが)

で、割と周りの女性も同じようなことを思っているみたい。

詐欺師症候群って何だ?

そんなことを思うようになったのは、こちらの記事から。

www.cinematoday.jp

彼女ほどひどくなくても、女性で詐欺師症候群の傾向がある人は多い、という。

仕事ができないほどにはならないし、過度な期待をかけられているわけではないけれど、私が知っている男性のように「自分の力だ」とは思えない。

 

もう少し冷静に、客観的に、自分の力みたいなものを見極めたいものです。

本の選び方、読み方、扱い方

f:id:emi_tochio:20170122224031j:image先日「本ってどうやって選んでるんですか?」と聞かれたので、選び方だけでなく、付き合い方みたいなものをなんとなくまとめてみる。

書店で選ぶ、Amazonで選ぶ

書店では、目的もなくだらだらと、吸い寄せられるままに手に取り、ぱらぱらと。

そうしてるうちに興味のあるところへ行っているので、買いたければ買うし、買いたくなければ買わない。

あまりに読みやすいスカスカの本は最近買わない。ビジネス書なら、割と権威ある方とか、翻訳ものとかの骨太なやつが多い。

小説は、なかなか買わない。唯一作家買いしてるのが森博嗣さんで、村上春樹さんとかときどき。

Amazonでは、知りたいことについてキーワード検索して、買う。本当は紙がいい。それは家の中でもう一度出会いがあるから。でも値段と中身の兼ね合いでKindleも結構買う。

あとはメルマガとかSNSで知った本はピンポイントでAmazonで買う。本屋は出会いを求めに行くので、決め打ちで買いに行くことはとても少ない。

ハズレも多い

ハズレはもちろんある。途中まで読んでイマイチなら、放っておく。

良ければ一気に読む。毎日隙を見て読む。でも、そんな夢中になれる本はなかなかない。

ブックカバーをしない

ブックカバーをしない。

本屋ではすごく読みたいのに、家に帰って置いておくとイマイチ熱が入らない。それはブックカバーをしてせっかくの装丁を隠してしまっているからに他ならない。

本屋での出会いをもう一度自宅で。そのためにブックカバーはしません。(もともとあるカバーはつけておくよ)

あらゆるところに置く

いろんなところに少しずつ置いてある。リビング、寝室、仕事部屋。それで手が空いた時にぱらぱらと読む。あまり手が開くことはないけど。ただ、手に取りやすいところに置いておくのが大切。

何冊も並行して読む

読み終わってから次の本へ行く、という読み方だと、ハズレに会ったら読書習慣がなくなってしまう。

適当に並行して読み進めれば、読みたいやつをどんどん読むので読書習慣がなくならない。

バッグに1-2冊

いつもバッグに1-2冊入れておく。でも最近はスマホばっかりやってなかなか本が進まなかったりもするけど。。。

ラジオ体操後に読む

ラジオ体操を毎朝するようにしていて、終わると6:40。家族を起こすのが7:00なので、20分間読書するようにしている。ワーママ的にはその20分もなかなか貴重だし、チリも積もればかなって。

本は良質なコンテンツ

本は質が高い。本当に高い。

SNSしている時間を読書に変えれば、もっと生活に深みが増すだろうな。もっと読むようにしよう。

Instagram で本好きを探す!

追加。

インスタに本好きがたくさんいることが判明。

読書家って、いるんだなあと。「読書」とか「本」とか、著者名、タイトルでハッシュタグ付けるのがおすすめです。

読書という孤独な体験で人と繋がれる喜び、ただ単に「こんなに本好きがいるんだ」という驚き、同じ本を読んだ人のリアルな感想が読める楽しさ(やはりSNSAmazonのレビューとは印象が違う)、とかがメリットです。

 

 

 

名前をもらうと霧が晴れていく

f:id:emi_tochio:20170119144305j:plain

もやっとしていることがあった。

 

「もや」その1:自らの広報活動について

私はある程度の期間匿名でネットにいろいろ書いていたけれど、あるときから実名でやるようになった。なんでだろうか。それは、自己顕示欲とかではおそらくない。

さらに、実名でやるようになった後もしばらく、ブログを自分でシェアしなかった。だけど、それも考えが代わって、自ら告知するようになった

まず周りの人に見てもらうのが大切だとか、誰かに見てもらってこそ仕事ややりたいことにつながるだろうとか、作ったものと「広報として自分」を切り離して考えようとか、いろいろ。でも、なんだかうまく説明できない。

わかっている人に話すと「大事だよね~」って、つながる。多くは語らなくても全貌が見える。だけど、そうじゃない人にはうまく説明できない。

 

だけど先日、キンコン西野さんがこんなことを書いていた。

lineblog.me

書店で見た「Discover Japan」にも書かれていて、「クリエイティブの育児放棄ってあった。作るだけで、届けようとしない。「育児放棄」って言葉がものすごく秀逸で、すごく「ダメなこと」感が出てる。生むだけじゃ、親失格だよね、って。

それですごく、腑に落ちた。自分が救われた気がした。自分が作ったものを「ねえ、見て見て!」って発信することは、なんだか恥ずかしいことのように思ってしまいがち。だけど、それは立派なことであり、むしろやらない人は恥ずべき! みたいなね。

 

「もや」その2:広報活動の方向性について

私は自分をいろんな人に知ってもらって、あわよくばちょっとでも好きになってもらいたいと思っている。

そのためにいろいろ発信をしているのだけど、どうも広がらない。「ブログ好きです」「○○のファンです」的なメールをくださったり、メッセージをくれる方は(本当に少しだけど)ときどきいらして、大変にありがたい。

でもなんか足りなくて、もっと何を頑張ればいいのかよくわからない。

「やっぱり、強いメディアで書かなくちゃダメなのかな」

「書いてるものが面白くないのかな」

なんていろいろと思うんだけど、結局よくわからない。

で、また西野さんのこれ。

lineblog.me

ただ単に知られている人は「認知」のある人、ファンが多いのは「人気」のある人だという。

私は今後、「認知」を広げる努力をしなくてはいけないのかなと。

(だけどどうすればいいのか、まだわかりません。)

 

名前(言葉)によって、もやもやしていたものが、はっきりした。

相変わらずモヤモヤしている部分もあるけど、それをある程度ちゃんと、説明できるのかもしれないと。

「一番」から逃げる

f:id:emi_tochio:20170118121152p:plain

一番好きなものから逃げる、という気持ち、わかりますか?

 

例えば、同じグループで好きな男子がいるんだけど、話しかけられない。だから、その次に気に入っている、話しかけやすい男子と盛り上がったり。

合コンでもなんだか、一番好みの人には話しかけづらかったり。

 

本当に「羨ましい」ことは、口に出せなかったり。

ちょっと欲しい、くらいのものなら「えーいいなー。うらやましー(棒)」って、言えるのにね。

 

一番やりたいものにチャンレンジするのが怖い。そんな気持ち、ありますよね。

例えば、うまくいかなかったら尋常じゃなく傷つく。自分の足りない部分を見つめ直すのが怖い(チャンレジしなければ「やればできる」と思い続けられるかも?)。向き合って、好きじゃなくなってしまったら怖い。

なんとなく、届かないところに置いておきたい、そんな気持ちもあるのかも。

 

「ちょっと好き」くらいのものなら、叶わない人を目にしたって絶望感はないし、うまくいかなかったら別のものにまたトライすればいい。

だけどちょっと、それだともったいないなって思うんですよね。

 

かくいう私も「本当に一番なもの」から逃げていたんだけど、そういうのはもうやめようかなって思ったんですね。

体を全部預けることは相変わらずできないけど、少しずつ続けるだけなら「自分が傷つく」ってことを除けば無害だなって。それで少し前進できるなら、やらないよりマシだし。

でもきっとそれも、体を全部預けることに比べたら遠回りなんだよね。

ポエムと現実の切り替え

ポッドキャストでこんなことを話しました。

#039 ポエムと日常のギャップって? - クリエイティブの反対語[Podcast]

ポエムと現実(お笑い)、自分の中でモードがあって意識して切り替える。その2つは共存できなくて、うまく切り替えられないこともある。

詳しくは、聴いていただくとして。

 

以前より、「映画の感想が言えない」自分を分析しようと何度も試みている(だいたい失敗している)。

 

私は感想を言い合うのは苦手。 良い映画だったら世界観が損なわれてしまうと思うし、あまり良くなかったとしてもしたり顔で解説なんか始めたら映画が台無しになってしまうような気がする。 というのは後から付けた理由のような気もするけど、とにかく何となくその場で上手く言葉にできない。トイレとかで女子が「あのときこうなると思ったー」とか言うのを聞くのもちょっといや。 理由をもう一度考えてみる。やっぱり、感想を言うことで映画にどっぷり漬かっていた自分が、現実に戻ってきてしまうのがもったいないのかな。 それとも、感想を言い合うことで相手に共感できなかったら嬉しくないとか。それもある。 でも、次の日に話すならたぶんまあまあいける。直後だとちょっと抵抗があるんだよね。やっぱり余韻を楽しみたいとか。しかもひとりで味わいたいとか、そういうことなんだと思う。 これは読書からの流れなのかもしれない。 読書をした後に、世界が違って見えることがある。 お風呂の水の音すら、詩的で美しく聞こえるようになるとかね。 そういう余韻は半日とか1日、もっと持つこともある。 人と会うと現実に戻ってしまうから、ひとりの時間が何より楽しい。 その楽しみを知っているから、映画でもそうなるといいなあみたいな感じか。

ひとりの楽しみ - Low Kick - 2nd -

 

みんなで見るのが苦手で、感想を言い合うのも苦手、と書いていて、ふと思いついたことがあったので。 なぜ感想を言い合うのが苦手かというと、たぶん、照れが大きいのだと思う。 見ている最中は、物語の中にどっぷりと浸かって、主人公になりきって、悲しいシーンで一緒に泣いて、嬉しいところでも泣いて。 その気持ちのままで外部の人と向き合うなんて無理でしょう。 ひとまずその時の私は置いておいて、冷静な自分で語らなければいけない。 また、一番感動したシーンのことを話したりしたらまた泣いてしまうかもしれないから、2番目、3番目に良かったところを話すなんて逃げに走ったりもする。 でもそうすると、浸っている自分から抜け出さなくてはいけなくて、ちょっともったいない。 泣かない映画でも同じ。小説でも同じ。浸れば浸るほど、話せない。 ただ、翌日になるともう冷静なので、普通に話せたりする。

映画の感想が言えない - Low Kick - 2nd -

 

以前書いた『映画の感想が言えない』(http://lowkicking.blogspot.jp/2013/03/blog-post_5432.html)というエントリーでは、「照れ」と書いたけど、本当は外に出した途端に別のものに変わってしまうからだったのかな。自分の思いを代弁してもらったようで。

『SWITCHインタビュー 達人達』を見る - Low Kick - 2nd -

 

で、今回も自分の気持ちの分析を試みてみる。

Podcastで(とりあえず)解明に成功した「ポエムと現実のはざま」の定理(そんなものはないけど)を使うと、映画の感想が言えないのはまさに、ポエムなモードにいるときに「現実に戻りたくない」という気持ちが原因。それこそが「映画の感想を言えない」の正体なのではないかと。

 

やはり人と話すとわかることってあるね。

 

---

少し別の話になるけと、最近mixiアプリが昔の日記のサジェストをしてきた。

若かりし頃の「ポエム」な日記を読まれたくない! と考えた人が「対応すべし」なんてツイートしていた。

つまり、その方たちは昔はポエムの世界にトリップすることはあったけど、今はないってことなのかな?

あるいは、あっても今となっては人に見せることはない、と。

 

ただなんというか、ポエムな世界って、必要な人には餌みたいなもので、それがないと生きていけないって感じなんだと思う。

だから、今はないやって人も、時々戻ってみたらいいと思うよ。映画を見たり、小説を読んだりね。

ことばで考えない

f:id:emi_tochio:20170106031017j:imageある方のブログで「自分のことばで考える」といった趣旨のことが書かれていて、はて? となった。

私は自分のだろうが人のだろうが、ことばで考えている実感がまるでない。

(しばし思い返す・・・)

たぶん私は、ことばで考えていない。

 

ことばを使うのは、最後だけだ。考えていることが頭にあって、それをことばに変換する。

 

だからものごとを覚えるのが苦手なのかもしれない。

何かを聞いても、私の中の「言語に変わるもの」に置き換えて理解する。だから「ことば」自体は失ってしまって、「理解」だけが残る。たぶん。

 

「言語がなければ人は考えることができない」と言った人がいたとかなんとか。

その方は自分の頭の中を観察して、「自分は」言語を使って考えている、と思ったんだろう。

でも私はたぶん違う。

 

頭の中で会話や発言をシミュレーションすることはある。ひとりごとみたいなもの。それはもちろんことばを使う。

もちろん母国語なので、通常は考えていることをさらさらとことばにできる。

 

ただ、初めて人に話すアイデアとか、思いつきとか、そういうのはひと工夫がいるような。

言葉自体が見当たらないことも多いので、例えを多用する。そうすると、あああのことね、と既知のことと被ったりする。

 

ポッドキャストでは「図」だと言ったけど、図ですらない場合の方が多い。

はて、私はどうやって考えているのだろうか。

年賀状の意味

f:id:emi_tochio:20170104232618j:image私には(もちろん他の人にも)たくさんのつながりがある。

私と相手が確固としてつながっていた、それはもしかしたらちょっと昔の話なのかも。

 

今はツイッターでつながり、フェイスブックでつながり、LINEでつながる。

他にも、ブログを読んでくれている人、ポッドキャストを聴いてくれている人、「今日の140文字」を楽しみにしてくれている人とも、つながっている。

それぞれはバラバラだったり、重なっていたり。

 

人とのつながりがたぶん昔より多様で、一つひとつが「危うい」。

例えばツイッターアカウントが凍結されたら、数百人とのつながりを突然失ってしまう。おそらくフェイスブックもしかり。

 

私にとって年賀状は、その中のひとつ。年賀状を送りあわなくなるのは、「アカウント」がひとつなくなるようなもの。

結構大きなことかもしれないし、実は大したことないかもしれない。