読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

色のない世界

fashion feeling

色のない世界ってどんなだろうか。

色がないっていうのは、白か黒ってこと。

 

私は前から書いている通り、白と黒の服しか着ないことにしたので、色のない世界を少し味わっている。

 

白と黒で、つまらなくなるかな? と思ったら、まだなっていない。

それよりよい面がとても多い。

 

暑さ寒さに対応しやすい

服を着て外へ出たら、意外と寒い、または意外と暑い、ってことはある。

色のある世界では、ちょっとカーディガンを羽織るために、全身着替えなくてはならないことがあった。

いまは、どの服を着てもたいていマッチする。チェックと水玉とか、柄がちぐはぐになりさえしなければ大丈夫。

ラクすぎる。

 

コートもすべて黒で薄手からダウンまで揃えられるから、出かける直前に着替えてもバランスを損なわない。

 

実は冒険できる

今まであまり着なかった、白いワンピースとか、白いマフラーとか、ワイドパンツとか。

色のないぶん、形でバリエーションを出したくなる。

 

なにせ、クローゼットの専有スペースが半分に

つい先日まで、色のある服を捨てられずにいたのだけど、思い切ってゾゾタウンに売った。

たぶん、クローゼットの専有スペースは半分くらいになった! すごい! 

なのに、着る服はたくさんある。嬉しい。

 

着ない服はすぐ諦めがつく

買っても着ない服ってある。ちょっと着心地が悪いとか、形がイマイチとか。

いままでは、「ピンクをインナーに着たいこともあるかもしれないから」と諦められずにいたけど、いまは簡単に処分できる。

「どうせ着ない」ってことが、以前より明確なのだ。

 

可愛い服に色がなくてもやっぱり可愛い

街中で「わー、すてき!」って思う着こなしはままある。

それを黒と白だけで置き換えてみると、意外とイケるし、むしろそっちの方がよいと思えることも多い。

たとえば、黒いスカートと紺のカーディガン。ああ、あのカーディガンが黒か白だったら! あの靴も、白か黒だったらいいのに! と思う人は多い。

 

難しいのはスーツ

スーツは、難しい。

真っ黒だと喪服みたい。真っ白だと政治家みたい。

2色入ったバイカラーだと攻めすぎてる。

白と黒で編んであるツイードとかがいいみたいね。遠目にはグレーだけど。

 

辛いのは、子どもと遊ぶときに全身真っ黒になる

子どもは汚すので、白を着たくない。だから黒ばっかりになる。

ときどきボーダーも入れるけど、基本は黒。それがちょっと寂しいかな。

 

イラストを練習しています

Illustration

ある方にちょっとアドバイスされたのをきっかけに、イラストをちょっと練習しようかなとか。

下書き

f:id:emi_tochio:20170321181223p:plain

簡単にトレース

f:id:emi_tochio:20170321181249j:plain

ちょっと作り込んでみる

途中なんだけど時間切れ。

f:id:emi_tochio:20170321181306p:plain

いろいろできるものですね。面白い。

ただ、手描きっぽいほうが私には合っていそうだなと思っています。

 

「お金がない」には「お金がない」以上の害がある

thinking work book

f:id:emi_tochio:20170317112826j:plain

こういう本を読んでいます。

いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学

お金がないとき、時間がないとき、何かの欠乏にとらわれていると、人は「認知能力が下がる」(つまり、頭が悪くなる=バカになる)ということが延々と書かれている。

 

私にはそういう実感がありまして。
お金がなくて、でも支払いがある、というとき、「お金がないこと」に一日中とらわれている感覚があった。
「お金がない」という事実は、ただ単に「お金がない」以上の重さを持って私に襲いかかってくるという感覚。

 

健康のこと、子どものこと、仕事のこと、ダイエット。
何かに欠乏している状態(私の理解では何かマイナスのことにとらわれている状態、気になることがある状態)では、人は処理能力(認知能力、判断力)が下がるのだ。

 

以前、いわゆる風俗業界で働いていた女の子の記事を読んだことがある。
同じ境遇の他の子に比べてとても頭がよく、リーダー格だったのに、しばらくして会ったら言動が支離滅裂になっていて、昔の頭の良さは感じられなかった、という内容のもの。
貧困は心と頭の余裕をなくし、貧困な人たちをより不利な立場に追いやってしまうのではないか。

 

貧困な人たちの痛ましい事件のニュースを聞くたび、「情報が足りない」とか、「判断が間違っていた」とか、「考えればわかるのに」という印象を受けるけど、
何かに切迫している人は正常な判断能力、情報収集能力がなくなってしまうのではないか。
だから私が同じ立場になったら、処理能力が下がり、同じように間違った判断をしてしまうかもしれない。

 

そんな風に思うのです。

噂話と幸せの関係は?

thinking

噂話はよいのか悪いのか

Podcastでご一緒している安田佳生さんにお勧めされた本。

サピエンス全史

ホモ・サピエンスがどのように進化してきたかを事細かく語っている本、らしい。

上下巻あるの知らなくて、書店で迷って上だけ購入。読み終わって次も読みたかったら下巻を買おう。

冒頭を読んだのだけど、人と人とをつなぎ合わせているのは「噂話」だという。これで、150人くらいまでは共同体として成り立つのだそうだ。

噂話はよくないものとされているけど、意味があるのだ。

噂話と自殺率の関係

武田鉄矢の今朝の三枚おろしというPodcastがある。

武田鉄矢・今朝の三枚おろし

そこで紹介されていた本。

その島のひとたちは、ひとの話をきかない

その本は、自殺率がとても低い地域を取材した人が書いたものらしい。

自殺率が低い地域の人たちは、噂話ばかりしていて、さらに愚痴ばかり言っているという。

そんな島が、自殺が少ない。

本を読んでいないので詳しくはわからないけれど、これは、興味深い。

幸せを測る方法

これはTwitterで見たんだけど、今「幸せ」の研究は盛んに行われているものの、その測り方は「自己申告」でしかないのだとか。

今までに私は幸せの研究と言われるポジティブ心理学の本などをいろいろ読んできたけれど、確かにそれらは「どれくらい幸せか」を自分で答えるものだった。

読んだときは『「幸せ」なんて測りようがなくて、自分が幸せって思っていることこそが幸せだろう』って納得していた。でも、それがエビデンスとなるのか、と一度疑問に思ってみると、確かに疑う余地があるような。

愚痴ばっかり言っている人は、それはそれで幸せなんでしょ、と端からは思うけど、その人たちに「幸せですか?」と問えばきっと辛めの点数を付けるだろう。毎日不満をたれているのだから。

だけど、毎日いろんなことに感謝して、苦しみを誰にも言わないでいる人が、心の病にかかることもある。つまりそれはあまり幸せではない。

 

てなことをいろいろとつなげて考えて面白いなと思ったのでした。

ホームページを変えたんだけどね

Illustration work writer

ちょっと、変えたんですよね。ホームページのトップを。

emitochio.net

 

ページ内で使っているアイコンを変えたんだけど、前がこれ。

f:id:emi_tochio:20170303163030j:plain

すごくどこにでもありがちな感じが、つまらないなと思っていて、手書きをスキャンして作ってみたのが、これ。

f:id:emi_tochio:20170303163108j:plain

自分ではもうよくわからなくて、ダサいのかっ! これはっ、ショボいのかっ! ってなって、ポッドキャストを一緒にやっているデザイナーのツージーに相談。

「作ろうか?」と言ってもらったのですが(優しいっっ!!)、他もまだまだ自分で作りたいところがあるからと、お断りして、アドバイスのみいただく。

「格子がないほうがいいんじゃないか」

「各アイコンの色を変えるとかすればいいんじゃないか」

と教えてもらう。

f:id:emi_tochio:20170303163320j:plain

ああっ! なんか、よくなった! かも!

「修正する方向がわかる」って、すごいスキルだ~! ていうか、それがプロなんだなって思った。

 

日本人は「答え」を知りたがる

child thinking

自分の考え(価値観ではなく、意見)を大きく変えることになる本や経験ってある。そのひとつが、この本。

哲学する子どもたち: バカロレアの国フランスの教育事情

哲学する子どもたち: バカロレアの国フランスの教育事情

 

フランスには「哲学する」授業があるという。「哲学」ではない。

根拠を示し、考える道筋を示し、結論を出す。結論が事実と違っていたとしても、考えた道筋が正しいかどうか、に点数が付くという。(ものすごいうろ覚え)

日本の義務教育にそんな授業は、ない。少なくとも私は受けていない。

 

私は、「ファッション」に思いを巡らせた。

フランス人は洋服の数が少ないという本は売れているようだし、私がファッション誌を買っていた頃も、フランス人のワードローブが紹介されると、そこには流行に左右されない「哲学」があったように思う。

かたや日本人は「あれが流行る」と言われると、すぐに飛びつく。それをまとっていれば、おしゃれさんの仲間入りというわけ。

それはやはり、答えが合っているのが素晴らしいという教育にあるのかな、と思い至った。

 

考える道筋(自分のスタイル=哲学)より、「答え」が大事だから、深く考えずに流行もの(つまりそのときの「答え」)をまとう。

 

ファッション以外にも、言えるような気がする。ネットで話題のことでも何でも。

こむぞう文学部、やってます

novel

こむぞう」というポッドキャストがあります。

comzo.cocolog-nifty.com

毎日更新しているすごい番組(もう4000回を越えている)。

MCはホフディランの小宮山さんと、元ビートクルセイダーズUMUさんと、慶三さん。

慶三さんは数年前に小説の文学賞で大賞を取り、その作品を出版している。で、「また小説を出版したい」と、小説を書いたり読んだりする『こむぞう文学部』を作り、部員を番組内で募集(当時は慶三さんともうひとりの2名のみでスタート)。

私は長編を書いたことはないものの、「一緒に書く人がいたらモチベーションが上がるし、長編を書くってどういうことなのか、わかってくるかも」と思い参加することに。

今は読み専の方含め7名ほどで、私がホームページ(Ameba owndだけど)の制作を担当。

こむぞう文学部】

https://comzobungaku.amebaownd.com/

こむぞう文学部 メンバーサイト】

https://comzobungaku.amebaownd.com/pages/808449/menber

トップ画像は慶三さんが作ってくれた。

 

部員の交流はGoogleの「Space」というサービス上でやっていて、

「この文学賞にみんなで応募してみよう」とか、下書きをあらかじめ読んでもらうとかしていて、すごく刺激になるし、モチベーションが上がる。

私は自分で「小説を書いている」みたいな人と友だちになったことがないので、すごく新しい感覚で、自分が書いたものに対して指摘してもらうのもありがたい。(指摘されると、ああ本当に、そこはできていないなって思う)

 

何にしても、誰かに読んでもらうのって、とても贅沢。

で、引き続き部員募集中です!

【お問い合わせフォーム】

https://comzobungaku.amebaownd.com/pages/825986/page_201701311544