読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Low Kick - 2nd -

たぶん全部ひとりごと。 テキトーだけどマジメです。

期待と怒りの関係性。期待しないことで消失するもの

「期待しない」はアンガーマネジメントらしい

あまり怒らない方だと思う。

よく「怖い」とか「怒ってる?」と言われるけど、それは私の出口(アウトプット)がどこか壊れているのだ。

あと、独断で我が子に対しては除外する。(子どもに対してはよく怒ってるからw)

 

怒る要因の大きなもののひとつとして「期待」があるのだという。

  • 「わかってくれるはず」と思った(期待)のに、わかってくれない(怒り)
  • やってくれればいい(期待)のに、やってくれない(怒り)
  • 子どもがこう動いてくれれば間に合う(期待)のに、動いてくれない(怒り)
  • 締切までに原稿が来るはず(期待)なのに、来ないじゃないか!(怒り)

期待ってキラキラしているようだけど、「こうあるべきだよね」みたいな静かな常識的なものも含めて考えてよいと思う、この場合。

※この場合おそらく「自分が正しい」と思っているってことが前提。自分は正しくないかもしれないと思ったら、誰かに怒りなんて感じないんじゃないかな。

 

いつからなのか、あまり人に期待しない。

子どもの頃から9年間やっていたバレーボールというチームプレーによるものという気もする。Podcastでも何かのときに話したけど、キャプテンだったんだけと強いチームではなかったし、バレーボールは雰囲気をよくすることで何点もよけいに取れるスポーツなので、「ミスを許す」ということにたくさんの神経を使った。

実は小学生の頃は最悪で、メンバーのミスが続くと怒って試合を投げ出してしまっていたこともある(監督に叱られて当然なんだけど、何も言われなかった)。だからやはり、もともとは怒りっぽいのに、怒らないように(許せるように)努力してきたんだと思う。

 

あとは、何かに期待したときの自分の傷つき具合を受け入れるのがなかなか難しかったので、いつからかいろいろなものに期待しなくなってしまったような気がする。

 

「怒り」は悪なのか?

「怒り」ってなければない方がいいと思っていた。今も自分に関して言うと、ない方がよいと思っている。冷静な判断ができなくなる。

冷静に「あり得ないよね」と思って判断した方がいい。「はたして本当にあり得ないのか?」みたいなことも含めて。

怒ってしまうと、「はたして本当に・・・」が考えられなくなるんじゃないかな。

あと、怒りって、何かのせいにしているよね。そういうのはどうも好きじゃない。

 

だけど、怒りという感情を生み出さないために「期待しない」って、いいことなのか? と最近疑問に思う。

子どもは勝つことだけを期待して、嬉しそうに勝負する。負けたら泣いて怒る。私自身は絶対そんなふうになりたくないけど、子どもにそれがなくなってしまうのは、まずいんじゃないか。

怒りを抑えるために、期待を消滅させようとしている私は、何か大切なものを失ってしまったんじゃないか。

 

社会を変える人

期待しないので、社会に対して怒りがない。

よく言えば、社会のせいにしない、とも言う。

 

社会を変える人って「怒り」から始まるんじゃないか、みたいなことをよく考える。

「保育園落ちた~」の話題とか、フローレンスの駒崎さんとか。

そういう人が「社会が悪いんだ!」って怒って、行動を起こすから、世の中が変わる。

「期待しない」(つまり、「怒らない」)って、やっぱりそんなにいいことじゃないのかもしれない。なんてことを少し、私の「考え」にパラパラと振りかけているところ。そんなにすぐには変われないけど。

あと、それは私の役目ではないと割り切ることもできる。怒る人もいるし、怒らない人もいる。期待する人もいるし、期待しない人もいる。

なぜミニシアターを好むのか

子どもは知っているものしか見ない

Amazonプライムビデオのリモコンを子どもに渡したりすると、知っているものしか見ない。

映画を観ていいよ、と言ったとしても、ドラえもんクレヨンしんちゃん、戦隊モノ……。海外アニメの映画などを見たら? と言っても見ない。ずっと同じのを見ている。

子どもにとって、「面白そう」と「知っている」は密接なつながりがある。

メジャーとマイナー

私はミニシアター系の映画が好き。いわゆるメジャーではなく、マイナー系ということになるんだろう。

で、子どもを見ていてふと、私はなぜミニシアターを好むのか? と考えてみた。どうせ観たことのない映画を観るのに。

・観たいと思うものにミニシアターが多いのか。

・ミニシアターだから観たいと思うのか。

前者のような気もするけれど。

メジャーなものが好きな人

そもそも、メジャーなものが好きな人は、なぜ好きなのか?

・よく目にするものを好きになる(メジャーなものは露出も多い?)

・「好き」とヒット作の傾向がマッチしている(「ベストセラーコード」によるとヒット作には法則があるらしいので映画にも当てはまるんじゃないか)

・「好き」という気持ちにこだわらない(別になんでもいいよ、というか)

・ヒット作を押さえておきたい(きっと面白いだろうから、逃すのはもったいない)

私はこういうタイプじゃないので、完全に想像なんですが。

成功体験が映画を選ばせるのか

いつからミニシアター系が好きになったのだろう。実はよくわからない。

(ミニシアターならいいかというとそういうわけではないのだけど、他に私が好きなジャンルを形容する言葉が見つからない。)

ただ、そもそも読んでいる雑誌とかによって、紹介されている映画が単館ものだったりするわけで。それで「観たい」と思って見に行くと、また単館映画の予告を観ることになる。で、また観る。

それを繰り返していくうちに、私の場合は成功体験が増えた(つまり、面白かった)。

そのため、ミニシアターっぽい予告などを観ると「面白そうだな」と思うようになってしまったのだろうか。

やっぱりそっち系が好みというだけなのか

最近のいわゆる大ヒット作に全く食指が動かず「そもそも映画を観たくないのか私は」などと思っていたところに、観たいと思う映画があった(まだ行けていない)。上映映画館を観たら、東京ではシネスイッチ銀座でしか上映していない。なぜなんだ。

私の中で「ミニシアター=面白い」という式が、(成功体験により)強化されているのは確かだと思うけれど、それにしてもミニシアターだと知らずに観たいと思うこともあるので、やっぱり好みがそっち系なんだろう。

まとまらないけど

結局まとまらないのだけど、私の好みがいろんなところで大衆よりじゃないのは、子どもの頃からあまりテレビを観ていないからじゃないか、なんて気がしてきた。

よき結婚相手とは

たまには恋愛(?)っぽい内容を書いてみる。

好みの男性、は人によってまちまちだけど、結婚するときに大事なポイントってなんだろう? って考える。

結婚して改めてよくわかったけれど、結婚するっていうのは家族になるってことだった。

家族というと、ぱっと考えるのは両親や兄弟。つまり恋い焦がれた相手が、両親や兄弟と同じようになるってことだ。

 

その人を結婚相手として考えたとき、何が大切か。

「本当の家族になった後も、やっぱり自分を大切にしてくれる」

ってところなんじゃないか。つまり、恋が消えても、っていうこと。

「老夫婦になっても恋心を持っていたい♪」と願うのはもちろん自由なんだけど、そうならない方がたぶん確率として高いわけで。

 

だから、相手の人の今の家族、お母さんやお父さん、兄弟とどんな風に接しているか? を見れば、割と結婚後の生活がわかったりするんじゃないかって思っている。

 

うちの夫で言うと、お母さんの話をよく聞いてあげている。そして冗談を言えばちゃんと笑ってあげている。で、ときどきだけど軽くキレる。さらに、お父さんがパソコンや確定申告で困ったときにはサポセンよろしく助けてあげる。

それは、私に対する態度とまったくおんなじだ。見事なまでに。

  

まあそんなことを、ちょっと思ったのでした。